せっかくなので、簡単に書かせて。

ブログの書式とかテーマとか考えずに書いてもいいかな

はじめての注腸検査(大腸X線検査) 当日

昨日のつづきです。

announce.hatenablog.jp

 

結局、2時頃まで起きて様子を見ていたものの
0時に戻して以降はそんなにお腹に変化なし。少し気持ち悪い。

寝ていた方が楽なので寝ることに。2時頃就寝zzz

トイレラッシュは短かった

ふと目覚めた4:30頃から30分くらい、トイレラッシュ。
服用から7時間経った頃だったので、ラキソベロンの作用時間とちょうど重なった。
すごいなぁ。

少し落ち着いてからは、またすっと寝ることができた。
(もともと、のび太並みに寝入りが早いんですが)

トイレラッシュが大変かどうかは、体質にもよる。下痢をするたびに血圧が変わって死にそうになる人もいると思う。
私は、なんというか下剤を飲んだときの吐き気の方がしんどく、トイレ自体は苦がなかった。

ここで言うことでもないけど、赤ちゃんのおしりふきの大人版、トイレに流せるタイプも安価で標準化すればいいのに。ウォシュレットで水だらけになるとトイレットペーパーも破れて、お尻についていることがあるし。

↓あるけど、介護用という感じよね。

ライフリー 大人用おしりふき トイレに流せる 72枚

検査日の朝

通常通り起床。
何も食べられない朝。

ただ、水分だけは10時まで取ることができる。

とは言うものの、トイレラッシュが怖くてそんなに飲めない~。通勤を控えているので。

コップ2杯飲んで、あとは水筒に麦茶を入れて仕事に。体験談を読んだりしてしまい、なかなか集中できず...

麦茶は10時までに飲みきったけれど、家を出てから病院に付くまでほとんど何も出ない。腸はもうきれいになったのかしらん...

 

病院での検査の流れ

ついに検査の時間。

簡単な問診の後、お尻のチェックがあり、その後着替えての注腸検査、診断の流れです。

・お尻のチェック

出血の原因となった疾患(痔など)があるかどうか。
・注腸検査
大腸にバリウムを入れてレントゲンを30枚くらい撮る。内視鏡よりも軽い検査というイメージで説明を受けた。ここで何か見つかれば内視鏡になるらしい。しかし、準備だけでも体に負担があるから、いきなり内視鏡という選択肢もあると思う。
診断
病院によっては検査日と診断日が違う場合あり。私は同時にわかる曜日に検査を入れた。その方が精神的によい気がする。健康診断で引っかかってから9か月も再検査してなかったくせに。

 

検査の内容

何が恥ずかしいと言って、お尻のチェックが一番恥ずかしかった。着替えもせず、ただお尻出して横になって診てもらうっていうだけなんだけど。その日常感が逆にやらしい。
(やらしい思う方がやらしいの世界)

先生の腕前かどうか、痛みは何もなかった。

簡単に「問題ないです」と言われたけれど、こちらの疾患を第一に疑っていたので拍子抜け。レントゲンで確認するしかない。

しかし、布くらいかけてくれても良かったのでは!

 

注腸検査は女性の技師が担当。

この段階では穴空きパンツも検査着も着ていて心の準備もできていたので、今さら大学院の研究生が10人くらい居たって平気だったわよ。

(以前足の裏のほくろの除去施術の時に10人くらいで足に注目されたことがある。さらに分娩室でも職員の交代時間と重なり倍の人数に励まされたことも...)

 

バリウムと空気を入れて、ぐーるぐる、ピタリ、ぐるぐる、ピタリ。空気を入れて腸をぱんぱんにして腸の壁にバリウムを塗ってレントゲン写真を撮るようだ。

胃のバリウムとどちらが大変と言う比較があるけど、準備段階では腸が大変、レントゲン始まってからは我慢の具合が胃の方が大変かな。私はBMI100越えだから...
BMIの言い訳については下に注釈を

ちなみに検査後のバリウムも胃よりは腸の方があっさり抜けるので楽。心労も少ない。

空気の抜けが個人の感覚によるとは思うけど、私はすごく楽しめたw こんなに空気が入っていたんだとむしろ感動。

こちらも痛みで言えばなかったなぁ。めちゃ痛い話もあるので機器なのか腕なのか体質なのかわかりませんが。

腸の動きを止める最初の筋肉注射が一番痛かったかも。

 

診断結果

その後、あっさりと“無事”と診断され。(まずはよかった)

その先生と、その辺で出会いませんようにと病院を出た。

先生にとっては1/1000の出来事でも私には1/1ですからね。なかなかインパクトのある検査でした。。

再検査が遅すぎて、次の健康診断が3か月後に迫っているという…w

BMIとは

一般に、BMIって「体重÷身長÷身長」で求められ、25以上が肥満ですって書いてある。ではなんで100以上と書いてしまったのか。どんなデブだ。
それは健康診断の紙のせいだ!


f:id:the_third_life:20170809140005j:image

はじめての注腸検査(大腸X線検査) 前日

一人で悶々としているのが嫌なので、経過でも書こうかな。
といってもそんなに気持ち悪いことは書かないです。

検査が火曜日の14時からなので、前日の月曜日は朝から食事制限。

朝・昼に食べてよいものは以下の通り

  • パン(何もつけない)
  • うどん(薬味なし)
  • ご飯
  • 豆腐(薬味なし)
  • 蒸かしたじゃがいも
  • お味噌汁(具なし)
  • コンソメスープ
  • ゼリー

とは言うものの、会社に行ってしまえば選択肢も限られるので「素麺」に。
以外と素うどんが見つからなくて。

食べてはいけないものは以下の通り

  • 100%果汁ジュース(なぜ?)
  • 野菜
  • 果物
  • 海藻類、わかめ
  • 牛乳
  • 卵、チーズ、バター
  • きのこ
  • アルコール

翌日に造形が残るものは影となって映るのでだめなのはわかった。
珈琲は記載がなかったけれどミルクを入れなければ大丈夫のよう。乳製品は濁って映る可能性があるからだめのようだ。

ジュースはなぜだろう。

 

そして前日の夕食は「具のないスープ」などの液状のものに限る。
「ポタージュ 」でも飲むかと思ったけど、乳製品ではないか、飲むものがない。
味噌汁の具なしをしぶしぶ飲む。お腹が空いてるとこれでもうれしい。

第一弾下剤

さてさて、お風呂を早めに入れて21時の下剤タイム。


f:id:the_third_life:20170808003202j:image

こんなに大量の下剤を飲んで大丈夫かな。
何せ、50gの粉に200mlの水を混ぜて、さらに目薬の形をしたボトル1本の下剤も一気に飲んだのだ。

「冷たく冷やした方が飲みやすいよ」と言われたので少し冷やしたけれど、確かにスポーツドリンク味だったのでもっと冷やしてもよかったな。

こんな時にも寝かしつけ

21時に第一弾下剤を飲んで、22時にはなんとか子を寝かさなければならない。

それにしても、お腹がぐるぐる回っているし吐き気はするし。
23時にはまた第二弾の下剤を飲まないといけないので、この1時間で寝かしつけなければ。

うぅ、お腹を押さないでくれ、わが子よ。。

23時まで寝かしつけるというよりは私がぐっすり寝た。

第二弾の下剤

眠ったおかげで吐き気を忘れることに成功。そして、すぐに来るかと思っていたトイレラッシュもまだこない…

とりあえず23時だ、第二弾の下剤を。


f:id:the_third_life:20170808003721j:image

この下剤は、胃のバリウム検査の後にもらうのと同じではないかな。
それを4つも飲むのか。明日の検査の本気度(笑)がわかる。何が何でも腸を空にするつもりだな。

トイレラッシュが心配で、ブログでも書きながら起きておこうと思ったが。
どうやら薬剤の効果時間を調べていると、そんなに緊急事態が起こることもなさそうだ。

薬剤の効果時間

薬それぞれ効果が出そうな時間を調べたけど、書き方がまちまちw

  • センノシド錠…作用発現時間は、8~10時間
  • ラキソベロン…服用してから7~12時間後
  • マグコロール…<高張液投与>の場合 検査予定時間の10〜15時間前に経口投与

どうやら、急いで準備しなくてよさそう。寝よかな。

 

追記:夜中の0時を過ぎたあたりで吐き気で下剤を少し戻してしまいました…
ありゃー一番あかんやつ

つづく

ぜんぜん書けていない日々。

なんだろう、いろいろあって簡単に書けない。
書くということはかくも難しいことであったのか。

  • 身近でトラブル発生
  • 身近なところから書くことへのクレームが入った
  • 保育園の行事が忙しい
  • 熱中症にかかってダメージ2日
  • 子が急性の激しいイヤイヤ期に入った
  • 放送大学の卒業が危うくなった
  • 院の申込期限がせまっている
  • 保育園の行事の締めくくりを控えている
  • アドラーを研究することになり本を読み始める
  • 研究のために気になったワードで論文検索
  • Facebookで新しいグループに参入、勉強しないといけん
  • 仕事も席替えで行動に制限あり
  • ライティングを受注してしまった

自身のやっていることも網羅しつつ、家庭円満のための工作…いや良妻になるべく努力、そして過度なイヤイヤをクリアするためケアを厚くして。。

寝て、本も読んで、会社も出席、役員活動もろもろ、、

 

むりじゃーブログ無理じゃ。今は無理じゃ、無理なのじゃ。

ささ、簡単に書こうPMS(生理前症候群)

注意:本題に行くまでがめっちゃ長いです。

書き始めたら勢いがついたという奴です。

プロローグ

幼少期はいじめられっこ。しかしそこまで劇的に落ち込むこともなく。先生に言いつけたり。

幼馴染に根暗と言われながらも、こんなことを言われたなぁという程度。

受験前は勉強をしていないことで落ち込んで、試験から逃亡したこともあるけれど、親になんとかばれなかったのでクリア。

社会人になってからは、ノルマが厳しい業界ながら毎月必死のパッチでクリア。まぁまぁの成績上位。家に帰ると泣きながら飲んでいたこともあるが、一応精神がやられるところまではいかずに40半ばまでこれた。

むしろ、相談される方である「実はね…」と。
私はそういう意味でカウンセリング向きなのではないかと思っていたのだが。

遊び友達や同僚、夫からは、「雑な性格、楽観的、適当、いい加減、天然」とまで言われる始末である。本人まったく自覚なし。ジョハリの窓で言うところの「盲点の窓」ね)

自分が思っている自分と、人が思っている私の乖離の激しさよ!

私は、繊細で細かいことに気がついて、ユーモアにあふれていて、正義感もあって一応男性を立てて、お金の計算もできるし、旅の計画もできるし、手芸全般、運動だってそれなりに、体力も調理も育児も仕事もそれなりにやってのけるスーパーウーマンであるぞ。(こちらは「秘密の窓」「解放の窓」といったところか)

現在は、育児と仕事に加え、アフィリエイトの勉強したり、放送大学で勉強したり、保育園の役員活動まで幅広く!実家の相談事にも日々対応しつつっ。お義母さんとの関係も良好っ、仕事での取引会社の人間関係も良好っ、同僚、元同僚との関係も良好っ、学生時代、バイト時代、社会人になってからの友人たちとの関係もめちゃ良好やぞーーーー

 

本題

それがである。

それがである。

ここにきて、数か月前くらいから突然涙が出てくる時が時々あるのだ。特にこれといった理由は思いあたらない。
強いて言えば、人生が全体的に物悲しいのである。自分も他人も知らない私登場。(これが「未知の窓」か!)

最初は「え?」と思った。だいたい、仕事が終わって保育園のお迎えに向かう道すがらが多い。時間帯にして18時くらい。そして毎日ではない。今回そうなったのが昨日で3回目か4回目か。

一通り涙が出てしまって、実際に保育園に到着し、育児・家事の任務が始まってしまうとそちらに没頭するため、そういった物悲しさから離れることができるのだけれど、本当になんだこれはと最初は驚いたよ。

私でもなるんだなぁ。この抵抗できない謎の症状。しみじみ。

 

しかし、数回目に発症したときに遅ればせながら気づいてしまった。ペースがだいたい月に1回であることに。

そうなると話が早い。すぐにPMSでヒットしたではないか。そうだ、これが噂に聞いていた症状。身体的に「お腹が痛い」「腰が重苦しい」とかそういうわかりやすいのもあるが、心にくる見えないやつ。(詳しくは下記サイトへ!)

pms-navi.jp

 

今回、私はパターンがわかったからよかったものの。ホルモンという奴は結構見えない力で心や体を操る恐ろしいやつであることが改めてわかった。

弟を色々と操ったり動かしている衝動も、きっとホルモンなんだろうね。

 

announce.hatenablog.jp

 

男性はダイジョブと思ってはいけない。女性にももちろん、PMSとは別に更年期障害というものがある。ホルモンの種類は違うものの、ホルモン値が下がることによっておこる障害である。

女性だから気付けることも男性では気づきにくいのでは。

 

このことについてはもーーーっと語りたいことがたくさんあるが。今日はここらへんで。ぜんぜん簡単にならなかったな。

満員電車で腰を押すな。かばんの位置がおかしい。(図解あり)

f:id:the_third_life:20170705130046p:plain

本日、満員電車にて腰のあたりを女性の肩にかけた丸っこい固めのかばん(ハンドバッグ)にて押される事案が発生。

私は、つり革につかまってはいたものの前は空間なので(座っている人の頭上)押されるがままに前に出てしまって本当に苦しかった。

 

なんというか、背後からだと腰あたりに圧力を加えられるのが一番持ちこたえにくい気がする。足の踏ん張りがきかないというか。押せば押すほど腰骨がしなって前に出るので私も苦しくなり、猫背になって対抗するも力尽き。つり革を持ったまま座席と90度の角度で立つように体勢を変更。横からなら踏ん張れるし、空いたスキマにかばんを押し付けてもらうことにした。

 

運よく前の席があいたので座ったあと、この背後から腰のあたりをバッグなどで押される現象について、他にも賛同者はいないかとスマホで必死にググるも出てこず。

「満員電車 腰」とすると腰痛持ちの満員電車はきつい。みたいな検索結果になるし。
「押されて体勢を崩す」にすると、拳法体幹の話になる。

最近検索力あがったな(いえいえGoogleさんの機能が上がってるだけですぅ)と思ってた私も、何もネットからの共感を引き出せなかった。

これは私の姿勢の悪さによる弊害なのだろうか。腰痛持ちだったらもっと大変だったのではないか。などと考えながら前に立つかばんの人を見つめた。

もう少しで「あの、私は腰痛持ちなので、かばんを別の方向に変えてもらえませんか」と方便を使って抗議するところであった。

 

そうだ、そもそもかばんの持ち方が悪い

かばんの持ち方については、以前から「床に置くべきでない」「リュックは背負ったままにするな」「座ったなら網棚の荷物をのけろ」などいろいろな意見がある。そして最近はリュックなど体の前に抱えるようにして満員電車に乗る人が多くなってきている。

 

だからといって、TPOを考えずいつでもどこでも前に抱えていれば大丈夫なのではない!つり革群は、前に抱えると座席の上の空間を有効活用でき、周囲との摩擦を減らすことができるので有効ではあるが、それ以外の人密着群は、荷物を前に抱えていても混雑和らがないよーー。むしろ、車内における体の上半身あたりの一番混雑するスペースに、物を配置しちゃってるよーーー。

f:id:the_third_life:20170705132645p:plain

ここだよ、ここ。かばんの位置がおかしかろーー。一時的でいいから手で持てー

 

共感を得られなかったのでブログに書いてみた。同じ悩みを持った人がここにたどり着けますように。

 

 

 

 

 

心の声とニコレット

月曜日から実の弟が入院することになった。不調とってもどこが特別悪いというわけではない。しかし、一度気分転換にもなるかとすすめられ入院することにしたそうだ。家族もおおむね賛成。

そんなことがあるのか?病院のベッドだって限りがあるのだぞ。そう思う人もいるかもしれない。しかし、こちらの分野は大丈夫なようだ。

そこは心のサナトリウム。心の病と闘う人の場所だからだ。

 

僕は入院する

突然連絡がきて「入院することになった」というからこちらはとてもびっくりした。なにか病状に変化があったのかと思ったのだ。

以前より、薬の効きが悪いとは聞いていたが入院するほどとは思っていなかった。今回も急であったので特別な症状でも出たのかと思った。

しかし、話を聞くとそうでもなく。
心身の調子が全体に悪いので、入院してみて様子を見ようということになったらしい。

そんなこともあるもんだ。

入院にあたっての問題

入院という団体行動をするにあたり、問題がいくつかあるという。それは衣食住に関する制約を受けるということ。

病室は4人部屋だということ。

病室内での間食は時間制限があること。

たばこはもちろん所定の場所で、21時以降は禁止であること。

などなど。弟的にはたばこが一番の問題らしかった。なぜならそれは、頭の声が要求するからである。

頭の声とのたたかい

「頭の声」これはこの病気特有なのだが、本人曰く、本当にリアルに話しかけられるとのこと。個人のスキルというか知識の差もあると思うが、こちらの場合は客観的に見る力がないので「幻聴」であるとは認められないようだ。

「頭の声」はどんな調子かというと、「おい、たばこを吸え」「甘いものを食べろ」とえらく都合のいいことを言うのだそうだ。そしてその言葉に逆らうと「●●の病気を移すぞ」と脅しをかけてくる。病気といっても痒みだったり、お手洗いの回数だったり症状であることが多いのだが、本人は本当にそのような症状に悩まされることになるようだ。

症状と声の順序が定かではないが…

本人にとってそれは死活問題で、21時以降のたばこがないとどんな不快な仕打ちをされるかと気になってしょうがないようだった。

そこで姉の提案

吸えないなら電子たばこを…とか考えたけれどあまり良策ではないよね。ということで、ニコチンシールなども考えたが、口寂しさを紛らわすにはやっぱり何かを口に入れた方がいいかなと「ニコレット」を勧めた。

私はたばこをやらないので、この商品は調べたことがなかったが、医者にかかっているものは医者の許可などがいるようだ。

■■相談すること■■
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)他の薬を使用している人 (他の薬の作用に影響を与えることがある。)

 他にも項目があるので、使用に関してはちゃんとページの内容を確認してほしい。

ニコレット

とにかく医者に許可をもらうように言った。

お医者OK

心強い、お医者さん「ニコレット」の部屋での使用を認めてくれた。21時以降は部屋での飴・ガムなどの嗜好品は禁止されているが、これは「指定第2類医薬品」だからだろうか。一応ガムなんだけどOKが出た。これは心強い。

心の声はどうでるのだろうと思ったが聞かないでおいた。弟が生み出している以上、おそらくであるが姉の提案になびいている以上、あまり不利な声はこないだろうと思えるからだ。入院してからの展開を待つことにしよう。

ニコレット高い…

それにしても、ニコレットってガムのくせに医薬品だけあって非常に高い。

私が見たものは、48粒で3,898円(Amazonプライム価格)、96粒で5,920円…なんとなく48粒だと損に感じてしまう…それにしても1粒61円!!たばこでも1本20円くらいではないか。3本吸える!いやいや、そう思ってはいけない。

しかし、たばこが吸いたい人にとっては、たばこを辞めるかわりに3倍のお金を払うなんて納得いかないのではないかな。

しかし今回は弟の入院プレゼントというか差し入れ的なものであるのでしょうがないとする。一日たりとも心の声に逆らうのが嫌ということで、私は必至に配送日の早いところを選んだ。

そして入院当日

弟からLINEが来た。「いよいよ入院当日です」などの言葉を期待していたのだが…

「入院はなくなりました、お騒がせしました」とある。なんだこれは。意味が全くわからない。これは病院側と家族側双方が進めたプロジェクトのはずだった。

微力ながら姉も応援していたというのに。

「病院の制約が多すぎてギブアップした」ということらしかった。なんとも情けない。そう思ってしまうのは身内であるからだろう。当人にしたら死活問題だったのかもしれない。できればそう高いハードルは超えたくないようだった。(今までも)

症状を収める、治す目的などすっかりどこかに消え失せて、病院の型にはまることを恐れてしまった。若いうちならまだ大丈夫だったかもしれない。しかし、ある程度年齢が高くなると自由を奪われることが耐えられなくなったのだろう。

このもやもやした気持ちとニコレットの処遇はいったいどうなるのだろう。

あほみたいに高いニコレット。たばこの合間に嗜まれてしまうのか。くやしい…

海外の激しいお土産と友人。

海外お土産というと、ハワイはナッツチョコ、オーストラリアはコアラの何か。デューティーフリーなんかでお土産用のパックになったものもよくもらったかも。

困ったものをもらわないように、アメリカに行く友人には「サベックス」買ってきてくれたらそれでいい。なんて指定したこともある。

 

困るお土産

友人で、ひどく海外に行くのが好きなのがいる。
ここ数年で知っているだけでも10か国は行ってるのではないか。

私が何かをあげるということはほとんどないのだが(なんらかの作業を手伝う、イベントに参加するなどはある。身体で払うタイプ)、彼女はいろいろ買ってきてくれる。しかも激しいお土産を。

ロンドンオリンピックが終わったころに、オリンピックのキャラクターカップとぬいぐるみ…ドイツで「北海道のくま」級のビアマグ。立体的ですんごい重たいのだ。どこかで買った布などなど。

うーん、デザイン性が激しいものは人にあげるべきではないのでは・・・。おもしろがってまだ置いているけど夫からはにらまれている。

もらってうれしかったもの

うれしかったものも、たまにある。

東ヨーロッパのどこかの岩塩。これはミルケース入りで削りながら使えた。あとはどこかの市場で買ったという唐辛子の詰め合わせ。

うーん、うれしかったというか使い道がぎりぎりあったというか。一時粉砕して一味の代わりに使ったかな。

久々に会うと貯まるお土産

通常、会う機会がない場合は、お土産って流れていくもの。最寄りの人にあげるとか自分で使ってしまうとか。

そうならないのが彼女である。貯まっていくのだお土産が。そしてなぜか重たいのに瓶に入ったものが多かったり。

魚の絵がかいてある辛そうな瓶、何にでも効くというタイガーバームと聞きなれないジンジャーパウダー。いろいろ貯まっていたのを最近もらった。

謎調味料ほど心配なものはない。うちの夫は辛い物がだめで、もう一人の家族はほんの2才足らず。2人とも肌が弱いし。

だから、調味料、塗り薬系のテスターは常に私一人である。激しいビアマグの方が良かったのか?いや、消耗品にはいつか終わりがある

ネットで成分を調査

今はネットで大抵のものは調べがつくのがありがたい。調味料、薬などはわざわざ調べて海外のものを購入する人だっている。そういう意味でいうと激しいビアマグは、趣味が合わない限り使われることはないが、調味料、薬は用途がわかれば使えるのである。

タイガーバームのなぞ

タイガーバームは万能」と言いながら彼女はくれたけれど、私もそれ聞いたことがある。我が家は「オロナイン」派だったのだが、「タイガーバーム」派もいるみたいだ。せっかく初めてタイガーバームを手にしたので調べてみた。

まず私の持っているものを調べた。これは「タイガーバーム 赤」と呼ばれているもので、「筋肉痛、肩こり、腰痛、肉離れ、激しいトレーニングの後」に使うものらしい。「タイガーバーム 白」はよりマイルド、肩こりだけでなく、虫刺され、あかぎれにも効くということなので、「赤」はやっぱりお土産としては激しい部類に入るのか!

さらに、日本で販売していた龍角散が、すでに製造販売を中止しているので、現状は日本製がないらしい。成分は強めだが、海外のものを買っている人もいるようだ。(白の方ねw)

matome.naver.jp

どんどん出てくる赤の衝撃

なんだか過去にはAmazonで、怪しい長い名前で売られていたらしい。Amazonらしくない。しかも「凶暴な虎に一撃を喰らったかのような快感。」「恋の病」にも効くとある。怪しすぎる…が今となっては開けてみるのが楽しみで楽しみで。

 

matome.naver.jp

 

nlab.itmedia.co.jp

現在のタイガーバーム

ちなみに、輸入代行をしているお店もあったのだけれど、そこの名前が「Amazon porter」というAmazonと関係のない会社。似てるw

amazon-porter.jp

さ、感謝をのべよう

調べるうちに感動して、本人に「タイガーバーム」の現状をLINEしてみたけど、自分の分は確保してなかったらしい。彼女らしい。

近いうちに、タイガーバーム仕入れ渡航する姿が目に浮かぶ。

 

 

↓保守派のあなたへ


【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g ベストセラー1位 935円